飲む日焼け止め

MENU

飲む日焼け止めが今、大注目!おすすめのサプリ

飲む日焼け止め|紫外線対策

 

近年、飲むだけで紫外線対策ができる「飲む日焼け止め」の注目度が高まっていますよね。
美容系サイト・キュレーションサイトや女性誌などでも特集されており、新たな紫外線対策アイテムとして話題となっています。

 

飲む日焼け止めの大きなメリットは飲むだけで日焼け対策ができるということです。

 

飲む日焼け止めとして有名なサプリにヘリオケアがありますが、紫外線に負けない素肌作り、美白習慣のための栄養補給に役立つサプリも登場しています。

 

飲む日焼け止め|サプリ

当サイトでは飲む日焼け止めとして注目されているサプリや日々の紫外線対策のための栄養補助として役立つサプリのご紹介だけでなく、飲む日焼け止めに関する知識がチェックできる、飲む日焼け止めを特集したサイトです。

 

飲む日焼け止めの気になる特徴や働き、飲み方、購入方法などもご紹介していますので、参考にしていただければと思います。

 

 

注目したい飲む日焼け止め・紫外線対策サプリランキング

こちらでは、一般的に知られている飲む日焼け止めではなく、肌の透明感を高める素肌作りのための栄養補給に役立つ美容成分やブライトケア成分を配合した、体の内側から紫外線対策をサポートしてくれる、今注目したい、紫外線対策のサプリをランキングでご紹介します。

 

 

飲む日焼け止め|マスターホワイト

マスターホワイトの特徴

贅沢な美容成分配合で内面から透明感をサポート

澄んだ透明感、、弾力や潤いに嬉しい美容成分など、紫外線によるダメージ、年齢によるお肌の衰えに負けない素肌作りに嬉しい16種類の美容成分を配合したオールインワン美容サプリです。

特に紫外線による肌へのダメージ、ストレスケアに着目したダイレクトトリプル処方が飲む日焼け対策として、スキンケアや塗る日焼け止めだけでカバーしきれない内面からの健康をサポートするための美容成分を贅沢に配合しています。

価格 10,800円⇒初回限定割引6,480円
評価 評価5
備考 120粒 30日分 送料無料
マスターホワイトの総評

16種類の美容成分配合で潤い・ブライトケア・エイジングケアをサポートしており、エイジングケア成分と美容成分だけで構成し、最先端美容の考えに基づいて開発されたブライトニング美容ケアサプリです。

愛用されている方も紫外線対策やシミ・くすみといった年齢による肌を暗く見せてしまうお悩みのブライトケアとして愛用されている方が多いです。

外側からのケアだけで、お肌の調子が整わないという方に体の内側から健康的な素肌作りをサポートしてくれる美容サプリとしても注目されています。

1日4粒で補える豊富な美容成分は、スキンケア化粧品のような豪華さとなっており、透明感を守りたい、紫外線によるダメージが気になるという方におすすめのサプリです。
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ

 

飲む日焼け止め|POLAホワイトショットインナーロックIX

POLA・ホワイトショットインナーロックIXの特徴

ポーラ独自のホワイトニング成分で紫外線に負けない素肌のための栄養補助をサポート

ポーラ独自の成分、ブランノールEXやメロングリソディンなどをバランスにこだわって配合したサプリメントで、体の中から紫外線に負けない素肌作りの栄養補給をサポートします。

酸化に負けない成分と水への溶解性が高い成分を配合することで、体への吸収力アップを目指し、スキンケアと合わせて取り入れることで、紫外線対策を考えた食生活を補ってくれます。

価格 6,696円
評価 評価5
備考 60粒 約1か月分
POLA・ホワイトショットインナーロックIXの総評

体の内側から、クリアな毎日をサポートする美白ケアサプリとして登場した「ホワイトショットインナーロックIX」は外側からのスキンケアだけでカバーできないポイント補うことを目的に開発されたサプリです。

人気ブランドのポーラが販売した飲む紫外線対策のサプリとして、販売されてすぐに入荷待ちになるくらいの注目度となっています。

肌に本来備わっているセルフクリア機能(メラニンを分解する働きの一つ)をサポートする2つのポーラ独自の成分を配合、中でもメロングリソディンは海外セレブの間では知られた存在で大人気のエイジングケア成分として注目されています。

飲む日焼け止めという使い方よりも、肌本来のチカラを育てる、サポートするといった使い方をしている方が多く、1日2粒で美白習慣のサポートができる利便性が人気となっています。

※美白:紫外線によるシミ・そばかすを防ぐお手入れ
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ

 

>>TOPページMENUに戻る


飲む日焼け止めとは?特徴やメリットをチェック

飲む日焼け止め|サプリ

 

飲む日焼け止めは、今まで一般的だった、UVクリームといった塗る日焼け止めとは違い、飲むことで紫外線によって受けた肌へのダメージに対して働きかけ、肌を日焼けから守るというのが基本的な働きと言われています。

 

飲む日焼け止めの特徴

  • 紫外線が強い欧米で登場
  • 紫外線に弱いとされる欧米人向けに開発
  • 飲むことで肌自体に何か膜が出来て紫外線から肌を守るのではなく、紫外線によって受けたダメージに対してアプローチする
  • 肌自体を紫外線に負けない素肌へと内側から育てる栄養補給
  • 紫外線による光老化への対策
  • 医薬品ではなく天然成分で作られたサプリ

有名な飲む日焼け止めとしては「ヘリオケア」が有名ですよね。ただ、最近では海外製のサプリを飲むのが不安という方や、購入方法がイマイチわからないという方の声を受け、日本製の飲む日焼け止めサプリも登場しています。

 

さらに、美容成分を豊富に配合し、より美白サプリとしての機能にも着目したサプリも登場するなど、美容サプリとしての側面も注目されています。

 

※美白:メラニンによるシミ・そばかすを防ぐ

 

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止め|メリット

日焼け止めと言えば、SPF/PA値の高いUVクリームで紫外線をカットする肌自体をガードするというのが基本です。
飲む日焼け止めを利用する上でも、このUVクリームでの紫外線対策は欠かせませんが、UVクリームにはいくつか使用する上での不都合な点があります。

 

例えば、

  • SPF/PA値が高い日焼け止めは肌への負担が大きい場合がある
  • 汗や水で流れてしまい塗り直しの手間が多い
  • 自分で塗る場合には手が届きづらい箇所が多い
  • 耳の裏など、つい塗り忘れたということがある
  • 肌自体が繊細な方やニキビなどの肌トラブルがあると塗るのが不安な方もいる

こういった点は、毎日、日焼け止めを使っていて感じる不満でもあります。
もちろん、飲む日焼け止めがUVクリーム無しでこれらすべてをカバーできるわけではありませんが、この弱点とも言える点をカバーし、紫外線による影響を減らすというのが飲む日焼け止めの特徴でもあります。

 

また、飲む日焼け止めのメリットとしては

  • 肌質に左右されずに日焼け対策ができること
  • 医薬品ではなくサプリメントなので副作用の心配が少ない
  • 塗り忘れやUVクリームが落ちやすい環境で、肌を日焼けから守る土台作りをサポートしてくれる

これらがメリットとして挙げられるポイントです。
飲む日焼け止めは美容サプリとしても認知されており、肌自体を守り、育てるという観点から愛用されている方が多いようです。

 

飲む日焼け止めはどうやって紫外線から肌を守っているのか?

飲む日焼け止め|紫外線

 

飲む日焼け止めにはUVクリームのように肌自体を守るという働きがあるのではなく、紫外線によるダメージの光老化に着目しているのが特徴です。

光老化とは?

紫外線は日焼けだけでなく、シミ・そばかす、そして肌のハリや潤いを保つ成分にまでダメージを与えることが確認されており、通常の老化に加えて、より、肌自体の老化を進めてしまう原因と言われています。

酸化対策によって肌を守る

紫外線に当たることで、皮膚内に表れるダメージに対して、体が持つ抗酸化や抗炎症に関わる働きを持つ成分を摂ることでカバーするというのが特徴です。

 

飲む日焼け止めに配合されることが多い成分には、シダ科の植物から抽出した成分が主成分の場合が多く、植物性のハーブなので、体への負担が少ないことも海外で定着している理由と言えます。

 

他にもルテイン・リコピン・ビタミンD・C・E、B群、アスタキサンチンなど、いわゆる体本来の抗酸化力・還元力をサポートする成分として知られる成分が配合されていることが多いです。

 

これらの紫外線ダメージの回復に役立つ栄養を補うことで、肌自体を守るというのが基本となっています。

 

皮膚科や美容クリニックでも取り扱われることがある

飲む日焼け止めは、日本では皮膚科や美容クリニックといった医療機関で取り扱われたこともあり、効果が期待できるとして注目されました。
インナーケア―の一環として、体の外側だけでなく、内側のケアも大切という点、そして肌質に左右されずに紫外線対策ができるという点も人気を高める理由として挙げられています。

 

日焼け用の薬との違いは?

飲む日焼け止め|日焼け止め薬

飲む日焼け止めと日焼けに対する薬との違いは、飲む日焼け止めが予防・防ぐといった働きに対して日焼け薬は、日焼けをしてしまった肌に対して使用するという目的に違いがあります。

 

また、飲む日焼け止めはサプリメントですので健康食品に分類されますが、日焼け薬はその名の通り、医薬品、処方薬ですので、成分や期待できる効果が明確となっています。

 

日焼け薬は軟膏などの塗る薬が多い

飲む日焼け止めは飲んで体の内側に栄養を届けて、紫外線による皮膚、細胞に対してサポートをするといった補う目的で日々の食生活などの補助として栄養を摂る目的です。

 

日焼け薬は強い日差しなど、紫外線による炎症・ヤケド(サンバーン)といった症状、さらに日焼けによる火照りや水分不足といった症状を緩和するための薬用成分が含まれている保湿剤・軟膏ですので、外用薬として分類されます。

 

また、炎症を起こした皮膚にバイ菌が入らないように守るといった目的でも使用されます。

 

痛み止め・鎮痛剤

また、日焼けの症状で痛みがつらいという場合に使用されるのが痛み止め・鎮痛剤です。
こちらは、頭痛や歯痛、生理痛といった痛みの症状に使用されることが多いですが、日焼けをした夜、次の日といった痛みがピークの時に、患部を冷やし、保湿した状態で、一時的に痛みを和らげるといった目的で使用されることがあります。

 

シミに効く薬との違いは?

飲む日焼け止め|シミに効く薬

テレビCMなどでも放送されているシミに効く薬(ハイチオールなどが有名)は紫外線などの影響で皮膚内で生成されたメラニンの生成や黒化を防ぐといった目的で、肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出をサポートするという働きが期待できます。

 

飲む日焼け止めにも肌のターンオーバーをサポートする栄養素(ビタミンCやビタミンEなど)を含むものが多く、体自体のターンオーバー、新陳代謝に必要な栄養を補えるという点では、共通する点もあります。

 

他にも細胞の抗酸化力をサポートするルテイン、リコピン、L-システインやアスタキサンチンといった還元力が高いとされる成分を採用しているものも飲む日焼け止めや紫外線対策の栄養補助サプリに多いです。
ただし、飲む日焼け止めは医薬品ではないので、シミに効く薬とは違いがあり、さらにシミに効く薬はできてしまったシミに対して飲む方も多く、飲む日焼け止めのような予防の観点とは違う目的で利用される方が多いと言えます。

 

塗るタイプのシミに効く薬

飲む日焼け止め|塗るシミに効く薬

シミに効く薬には、美白有効成分や肌のターンオーバーを促進させる成分を配合し、できてしまったシミに直接塗る軟膏タイプもあります。
スキンケア化粧品にもいわゆる美白クリームと呼ばれるシミケアのためのアイテムもあり、こちらも肌のターンオーバーをサポートしてメラニンの排出を促すといった働きが期待できるものもあります。

 

飲む日焼け止めを薬だと思っている方も多いですが、市場に多いのはサプリメントなどの健康食品に分類されるものがほとんどです。

 

ただし、ヘリオケアなど海外製の飲む日焼け止めの場合、内容は国内ではサプリメントに含まれる内容ですが、現在、日本では美容皮膚科や美容クリニック、個人輸入代行での購入のみとなっています。

 

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

 

>>TOPページMENUに戻る


飲む日焼け止めのおすすめヘリオケアとは?

飲む日焼け止め|ヘリオケア

最近では、飲む日焼け止めサプリとして、日本製のサプリも登場し種類も増えてきました。

 

それでも、飲む日焼け止めのおすすめとして挙げられるのは、飲む日焼け止めの元祖でもある「ヘリオケア」ではないでしょうか?

 

ヘリオケアの特徴

ヘリオケアは国際的な皮膚科分野研究グループIFCが開発した製品で元々はピーリング、レーザー治療など、皮膚が敏感になっている方の肌を紫外線から守ることに使用されてきましたが、その有用性が注目を浴び、今ではヨーロッパを中心に世界中で愛用、世界30カ国以上の病院に提供されているサプリメントでもあります。

 

発売は2002年から行われており、開発には12年を要したと言われています。

 

塗る日焼け止めだけでは防げない紫外線から肌を守る

飲む日焼け止め|ヘリオケア特徴

従来の塗る日焼け止めは紫外線カット効果は実証されているものの、使用方法や塗った後の環境によっては効果が低下してしまう点がありました。

 

さらに、肌自体が繊細な方では、高い数値の日焼け止めは、それ自体が肌に負担となるケースもあり、これらの状況の中で体の内側から紫外線によるダメージを防ぐというのがヘリオケアの特徴と言えます。

 

ヘリオケアの成分について

飲む日焼け止め|シダ植物

ヘリオケアの主成分のFernblockはPolypodium leucotomosというシダ植物から抽出された成分です。
このFernblockはアメリカでは特許を取得している天然成分で、ヘリオケアの発表では老化を引き起こす紫外線Aを吸収して肌を守る効果と紫外線を浴びることで発生してしまう活性酵素(フリーラジカル)の抑制、細胞の損傷に効果が期待できるというものです。

 

他にはルテイン・リコピン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・βカロテンといった体の抗酸化をサポートする成分が配合されており、化学薬品などは一切使用されていないサプリメントです。

 

ヘリオケアの効果について

飲む日焼け止め|ヘリオケア効果

ヘリオケアが記載している効果には

  • 皮膚の保護作用
  • DNAへのダメージから保護する
  • 免疫防御作用
  • 皮膚構造保存作用

これらが挙げられており、主成分のFernblockにより、日焼けによる赤み・皮膚のダメージを軽減・皮膚ガンのリスクを軽減するといった働きが期待できるとあります。
紫外線によって体内に発生する光老化の原因でもある活性酵素(フリーラジカル)を主成分のFernblockが働きかけ、紫外線から肌を内側で守るという効果が期待できるようです。

 

健康的な肌作りにも役立つ栄養が補える

ヘリオケアに含まれるルテイン・リコピン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・βカロテンは、美容面でのサポートにも用いられることが多い成分でもあります。
ビタミン類はもちろん、リコピンはトマト美容法として美肌、ダイエットなどでも注目された成分です。

 

ヘリオケアの効果持続時間

ヘリオケアは飲んでから30分以内に効果が出始め、効果は4〜6時間持続、また、紫外線防御の効果は飲んでから30分後に表れ始め、2.5時間後にも有効という結果が臨床試験によって確認されているようです。

 

ヘリオケアの飲み方について

ヘリオケアは日焼け止めとして服用する場合と、サプリメントとして服用する場合で飲み方に少し違いがあります。

 

日焼け止めとして飲む場合には日差しを浴びる30分前に飲み、長時間の外出には4時間後にもう1カプセル追加で飲むとされています。

 

サプリメントとして服用する場合には毎朝1カプセルを飲むとされています。
飲みにくい場合にはジュースやヨーグルトと一緒に摂っても良いようです。

 

外出時の日差しが強い日中を含むと午前中からおでかけでも、お昼頃にもうひとカプセル飲むことで、夕方までカバーできるので、1日2粒で紫外線対策が可能になります。

 

ヘリオケアに副作用はある?

ヘリオケアは海外ではかなりポピュラーなサプリメントでもあり、臨床試験ももちろん行いクリアしており、重大な健康被害は出していません。

 

また、原料にはシダ系の植物成分やルテイン・リコピン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・βカロテンといった食べ物にも含まれている成分のみで、化学製品は不使用という内容ですので、使用上の用量や用法を守って飲んでいる以上は大きな問題が起きる心配は低いということです。
アメリカやヨーロッパではシダ植物はアトピー性皮膚炎の治療などにも伝統的に使用されており、過去に直接的な副作用は認められていないということです。

 

ただし、シダ系の植物成分ですので、アレルギーがあるケースには使用を控える必要があります。
また、ヘリオケアは4歳未満の服用、妊娠中・授乳期の使用は推奨していません。

 

ヘリオケアの種類について

飲む日焼け止め|ヘリオケア種類

ヘリオケアには若干の内容が違う3種類が販売されています。

  • ヘリオケア・オーラル60カプセル
  • ヘリオケア・ウルトラ・オーラル30カプセル
  • ヘリオケア・ウルトラD・オーラル30カプセル

ヘリオケアオーラルとウルトラ・オーラルの違いはカプセルの内容量が半分になったこと、その代わりに主成分のFernblockが多く含まれています。
ウルトラ・オーラルとヘリオケア・ウルトラD・オーラルの違いはヘリオケア・ウルトラD・オーラルにはビタミンDが含まれていることが違いとなります。

 

紫外線を浴びることで多くが生成されるビタミンDを補う形となっており、ヘリオケアの気になるポイントを補っているといえるのがヘリオケア・ウルトラD・オーラルです。
ただ、マルチビタミンなどで、ビタミンDを補えているという方の場合にはウルトラ・オーラルでも良いかもしれませんね。

 

ヘリオケアを購入するには?

現在、美容皮膚科・美容クリニックなどの医師の処方での購入の他、個人輸入(代行など)で手に入れるといった入手方法に限られています。
楽天やアマゾンなどでも輸入代行として販売を行っているショップもあるようです。

 

ヘリオケアが日本ではクリニックでしか購入できない理由は?

ヘリオケアに含まれる成分は天然成分のFernblockやルテイン・リコピン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD・βカロテンといった成分となっており、国内で販売されているサプリと同様の内容となっていますが、使用されているカプセルの成分が、現時点では日本で未承認のためということです。

 

ヘリオケアの口コミでの評判は?

 

ネットの個人輸入代行のお店で購入しました。評判が良いのは知っていましたが、価格が少々高いので、私は休日やアウトドアの時に飲むようにしています。
これを飲んで日焼け止めクリームを塗ることで紫外線対策はバッチリ?かなと思います。

 

私はヘリオケアを初めてから不意な日焼けが減ったように思います。

 

20代後半 Hさん

 

※個人による感想です。


 

私は元々、敏感肌だったので、強い日焼け止めクリームはどうしても肌に負担がかかるように感じて、低めの日焼け止めクリームをこまめに塗り直していましたが、ヘリオケアに出会ってからは今までと同じように塗り直していても安心感があります。

 

日焼けで赤くなり嫌でしたが、今ではそんな心配も少なくて嬉しいです。

 

20代後半 Sさん

 

※個人による感想です。


 

20代後半からお世話になっています。
30歳になりましたが、日焼けが気になることが減ったように思います。

 

シミ対策と思って続けていますが、価格がもう少し安ければなお良いですね。

 

30代 Nさん

 

※個人による感想です。


 

子供が生まれて今まで以上に外に出ることが増えたので、UVクリームだけでは不安に思いたまたま、知ったヘリオケアを試しました。

 

子供の応援で長時間、太陽の下にいても安心できます。

 

30代前半 Tさん

 

※個人による感想です。


 

口コミの評判も良くテレビでも紹介されて期待していましたが、私にはイマイチ効果が感じられませんでした。
海の近くの職場で日差しも強いせいか評判ほど、焼けないということがなかったので、私には合っていなかったのかな?

 

もしかしたら、気付いていないだけで効果はあったのかもしれませんが残念です。

 

40代前半 Aさん

 

※個人による感想です。


 

薬じゃないのに、飲んで30分後に効果があるというのがちょっと不安に感じてしまいました。
サプリメントとしては6,000円くらいだとけっこう高い部類ですよね。

 

日焼け止めクリームを併用しているのではっきりとした効果がわかりづらいので効果があるのかわかりません。

 

皮膚科などでも取り扱われているとのことなので、安心だと思うのですが、これなら私は日本製のサプリが良いかな?と思ってしまいました。

 

40代前半 Eさん

 

※個人による感想です。


ヘリオケアをお試しした方の口コミを見てみると多くの方は良さや違いを感じられたという声が多く、通販サイトなどでも高評価となっています。
ただし、美容皮膚科などでの処方か個人輸入代行といった形での入手しか方法が無いことから、面倒という声や毎日飲むとすぐなくなるからということで、出かける時などのみ使用しているという方もいるようです。

 

また、輸入代行を利用した方は配送などに関する不満を感じる方もいるようですので、不安な方は日本製の飲む日焼け止めをお試しするのも良いかもしれませんね。

ヘリオケアで日焼け対策をする時に注意したいこと

飲む日焼け止め|ヘリオケア注意点

ヘリオケアを使用する時に注意したいのが、ヘリオケアを飲むだけでなく日焼け止めクリームでしっかりと外側の紫外線対策をする必要があるということです。
実際に炎天下時にヘリオケアを飲んで行っても焼けてしまったという方もいますので、焼きたくないという方は日焼け止めクリームでしっかりとカバーしましょう。

 

>>TOPページMENUに戻る


日本製の飲む日焼け止めは?

飲む日焼け止め|日本製

 

飲む日焼け止めの中ではヘリオケアが知名度抜群ですが、日本製の飲む日焼け止めも登場しています。

 

最近ではヘリオケアのようにシダ植物を主成分としたドクターズサプリのnoUV(ノーブ)や、ポリフェノール成分を豊富に配合したホワイトヴェールなどが登場しています。

 

これらの特徴としては酸化対策の成分と、肌自体の健康に役立つ栄養を補うことで、紫外線によるダメージに負けない肌を作る栄養が摂れるというのが特徴です。

 

美容成分をさらに豊富にした美白サプリも登場

飲む日焼け止め|美白サプリ

また、飲む日焼け止めとしての肌を健康的に保つ成分、ポリフェノール成分だけでなく、紫外線によって失われていく、潤い・弾力といった肌のお悩みに直結する点や年齢による衰えをトータルでサポートする美白と美容のオールインワンサプリも登場しています。

 

潤いケア・ブライトケア・エイジングケアといった3つのテーマをカバーしながら若々しさや透明感を育むのに嬉しい栄養が1日数粒で補えるという点で、飲む日焼け止めとしてだけでなく、毎日の美容をサポートするツールとしての働きを期待して愛用されている方が多いです。

 

美白サプリとしても注目のマスターホワイトをチェック

 

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ

 

>>TOPページMENUに戻る


飲む日焼け止めの選び方まとめ

飲む日焼け止め|選び方

  • 海外製か日本製かをチェック(購入・入手方法が違うため)
  • 日焼け対策によって不足しやすいビタミンDが含まれているか?
  • 飲みやすいサイズ・続けられる価格か?
  • 日焼け止めの働きプラスαの成分をチェック
  • 美容・美白のオールインワンサプリにも注目

飲む日焼け止めはヘリオケアなど海外製のサプリが多いです。海外製は購入するのが不安という方は日本製の飲む日焼け止めをチェックするのもおすすめです。

 

また、体の内側から肌を育てるという点では、活性酵素に負けない肌作りに役立つ成分や肌自体に嬉しい成分を配合したサプリにも注目してみるのも、自分に合った紫外線対策に役立つサプリを見つけられるポイントです。

 

サプリメントは医薬品ではなく、栄養補助を目的として健康食品です。ヘリオケアについてはメーカーがサプリメントの働きについて解説していますが、サプリメントは毎日の食生活で摂りきれない栄養や成分を補う目的で利用しましょう。


更新履歴